TOEICの勉強法とは

TOIECの勉強法 コツ3

リスニングについて(TOEICの勉強法)

 

 

リスニングで効果的な学習方法は、ずばり、英語を聞いて慣れることしかありません。たくさん聞いて、自然に脳内に馴染ませるのです。

 

リスニングをする時には、どんな内容なのか想像しながら聞くとさら効果的にリスニング力が高まります。もちろん、日本語訳は見てはいけません。

 

 

聞き取れた単語があれば、その単語から内容を想像します。何度も聞いていると、最初に聞き取れなかったものも聞こえてくるようになったりします。

 

 

 

 

よく、知らない単語は聞き取れないよ!とネットでも書いているものを読んだことありますが、間違いではありませんが、根本的に間違ってます。

 

 

確かに単語そのものをしらないと、その単語の聞き取りはまず難しいでしょう。しかし、知らない単語を聞いて、聞き取れないことはないのです。単語の意味が分からないだけで耳にはちゃんと聞き取れているはずです。

 

 

聞き取れているのに、それが何の単語でどんな意味かまでは分からないから、先に単語を覚えなさい、となるのです。

 

さきに、単語を覚えるほうが効率的かどうかは分かりませんが、リスニングから聞き取れたものを、後で日本語訳を見て確かめると、その単語を簡単に覚えることができるのです。

 

リスニングによる学習は、非常に言語学習のみならずあらゆるものでも同じように効率的に覚えることができるのです。

 

聞いても理解不能だからといって、単語を、見て、書いて、読んで、覚えたりします。当然と言えば当然ですが。初めから聞いても分かるはずがありませんから。

 

しかし、英語を聞いてもさっぱり分からなくても、聞くことから始めらることをオススメします。誰でもそうですが、言葉を覚えたのは耳です。書いたり読んだりして覚えてからしゃべれるようになった人はいません。

 

勉強法のコツですが、英語をマスターし、TOEICでも高得点を目指したいのであれば、リスニング力を高める必要があります。そのためには、まず聞いてリスニングから学習をすると効果的ではないでしょうか。

 

リスニングから学習することで、聞いて覚えるという作業によって簡単に記憶に残り、記憶時間が長くなります。そして、耳が慣れることでしゃべれるようになったりもするようです。

 

一見、本末転倒ですが、もともと備わった本能です。まず、聞いて覚えるということを習慣にしてはいかがでしょうか。

 

 

 

TOEICで高得点を取るために特化した勉強法がありました。短期間で得点アップを狙うには、特に勉強をする順番が大切です。そのためには、不必要な勉強はカットし、モチベーションを高めることが大事だとされています。また、覚える単語も決まっています。
半年でTOEIC800点を超えた方の王道の勉強法!

 


 

 

<<TOEICの勉強法 コツ2トップページTOEICの勉強法 コツ4>>

TOEICで実際に得点アップした